長岡カントリー倶楽部 公式ホームページ │ 南コース

南コース
SOUTH COURSE
  • Hole 1 | PAR 5

    南コースのスタートは豪快な打ち下しのロングホールから始まる。
    フェアウェイは広くゆったりとしているので、力まずにティショットしたい。
    2打目からは打ち上げとなり、距離感をつかみづらい。

    BACK FRONT
    491 473
  • Hole 2 | PAR 4

    やや左ドッグレッグのミドルホール。
    1打目は左右のクロスバンカーを避けフェアウェイセンターへ。
    2打目はツマ先上がりのライとなるので左OBを注意してショットしたい。

    BACK FRONT
    407 378
  • Hole 3 | PAR 4

    ゆるやかな打ち上げのミドルホール。
    距離は短かめだが、1打目の落としどころによっては難易度が変化する。2打目はキチンと距離を合わせたい。
    グリーンの傾斜はきつく、奥からは順目でむずかしい。

    BACK FRONT
    321 300
  • Hole 4 | PAR 3

    打ち下ろしのショートホール。
    右はOBが浅くガードバンカーを越えるとすぐOBが待ち受ける。
    グリーンも微妙なアンジュレーションがありよみにくい。

    BACK FRONT
    186 164
  • Hole 5 | PAR 4

    打ち上げのミドルホール。
    80ヤード付近まではフラットだがそこから一気に打ち上げとなる。
    グリーンは斜に細長いので、ホール位置によってのクラブ選択が重要となってくる。

    BACK FRONT
    349 328
  • Hole 6 | PAR 5

    やや左ドッグレッグのロングホール。
    1打目は豪快にフェアウェイセンターへ運びたい。
    2打目は、右OBに注意が必要。
    グリーンは傾斜がきついので手前から攻めたい。

    BACK FRONT
    535 508
  • Hole 7 | PAR 3

    打ち下ろしのショートホール。
    右ガードバンカーを越えるとすぐOBが待ち受ける。
    距離感と風の計算が難しいホールだ。

    BACK FRONT
    184 154
  • Hole 8 | PAR 4

    右ドッグレッグのミドルホール。
    1打目は豪快に打下ろしていく。距離のでる人はクロスバンカーの上から攻めたい。
    2打目は打ち上げとなり距離感をつかみづらい。

    BACK FRONT
    383 363
  • Hole 9 | PAR 4

    南コースの最終ホールはやや右ドッグレッグのミドルホール。
    1打目の落とし所には、両サイドに、ガードバンカーが並び、フェアウェイが狭くなっていて、攻めるか、手前にとどめるかの選択を強いられる。
    2打目の左側はOBが浅いので注意が必要。

    BACK FRONT
    384 360

ページトップへ