長岡カントリー倶楽部 公式ホームページ │ 東コース

東コース
EAST COURSE
  • Hole 1 | PAR 4

    東コースはストレートなミドルホールから始まる。
    右の林を避け、1打目は、左クロスバンカー右側へ運びたい。
    2打目は、グリーンが砲台の為、高い球筋でピタリと止めたい。

    BACK REGULAR FRONT
    347 329 311
  • Hole 2 | PAR 5

    見た目にはほぼフラットでストレートなロングホール。
    1打目は、中央の立ち木左狙いがベスト。
    グリーンは奥に向かって順目で止まりにくいので注意。

    BACK REGULAR FRONT
    550 521 491
  • Hole 3 | PAR 4

    距離のあまりないストレートで打ち下しのミドルホール。
    1打目は、右サイドのOBを恐れず、フェアウェイ右がベストルート。
    グリーンは受けているが、奥に向かって順目のため、手前から攻めたい。

    BACK REGULAR FRONT
    368 348 329
  • Hole 4 | PAR 3

    打ち下ろしで、距離のあるショートホール。
    グリーン手前のバンカーは両サイドとも深いので絶対さけたい。
    グリーン中央狙いで確実にパーをキープしたい。

    BACK REGULAR FRONT
    193 176 171
  • Hole 5 | PAR 4

    クラブNO.1の難易度と評される長くのぼりの続くミドルホール。
    左はグリーンまでOBが続き、気が抜けない。
    グリーン周りはガッチリとバンカーがガードし、グリーンは奥につけると下りの順目となりかなり難しい。是非パーを取りたいホールだ。

    BACK REGULAR FRONT
    442 425 404
  • Hole 6 | PAR 4

    ストレートでゆるやかな打ち下しのミドルホール。
    右へプッシュするとガケ下となり痛い目にあう。
    2打目は、距離、方向共正確さが要求され、ガードバンカーを越えるとすぐOBが待ち受ける。
    注意深く攻めたいホールだ。

    BACK REGULAR FRONT
    413 392 373
  • Hole 7 | PAR 5

    ゆるやかな打ち上げのロングホール。
    1打目は、左クロスバンカーを避けフェアウェイ右サイドへ。
    2打目は、右クロスバンカーと左松を越えて広いアプローチへ運びたい。グリーンは受けているが奥からは芝目と傾斜でラインを読みにくい。

    BACK REGULAR FRONT
    550 516 487
  • Hole 8 | PAR 3

    グリーンが砲台で距離の読みにくいショートホール。
    左手前のガードバンカーは深いので絶対に避けたい。
    ピン位置を気にせず、グリーンセンターに運ぶと、バーディチャンスとなる。

    BACK REGULAR FRONT
    153 136 130
  • Hole 9 | PAR 4

    右ドッグレッグのミドルホール。
    左サイドはグリーンまでOBが続き、右は高い松林がスタイミーとなる。
    1打目は右サイドの1本松左がベスト。グリーン周りは4ケのバンカーでガッチリガードされているので、距離、方向共に正確さが要求される。

    BACK REGULAR FRONT
    381 361 343

ページトップへ